産後うつについて覚えておくべきことはどのようなことか

 産後うつの原因

出産を行なうと次ホルモンバランスが崩れてしまうため、精神的に不安定な状態になりやすいとされています。その際に産後うつを発症してしまう人もいるため、注意しておきましょう。

 割り切ることで

子供を出産してから元気がなくなる女性が多いのですが、それは産後うつの可能性があります。これを解決するためには、時代の流れと割り切ることが大切なので、どんな部分に注目すると良いのか紹介します。

気をつける

気を付ける点はどのようなことか

産後うつとは、原因ははっきりしていませんが、出産によって急激に女性ホルモンが変化し、それが原因の一つと言われています。 産後うつが起こりやすいのは、家事も育児もパーフェクトにこなそうとする完璧主義者です。真面目で責任感が強いと、できない自分を責めてしまい、全てを自分のせいだと考えてしまい、産後うつになってしまいます。 産後うつにならないためには、周囲の協力が不可欠です。ママが辛くなってしまった時は、仕事をして疲れているパパに迷惑をかけてはいけない、私が家事も育児も全てやらないといけない、などと思わずに、明日でもできることは明日にまわし、力を抜いて毎日を過ごすことが大切です。パパは、食事の後に食器を洗ったり、ゴミだしをしたり、休みの日は家事を手伝ったり、しっかりとママとコミュニケーションを取ることが大切です。

どのようなことを知っておくとよいか

産後うつの症状は、普通のうつのように気分が落ち込んだりするのはもちろん、最も多いのは物事に対処できなくなることです。今までできていたことができなくなってしまいます。例えば、献立を考えたり、家事の段取りができなかったりします。疲れているのに眠れない、食欲がわかないなど、食欲、睡眠欲などといったものもなくなってしまうこともあります。 産後うつになると、周囲の人のささいな言葉にも傷つきやすくなったり、胃が痛い、下痢や便秘になるなどの体への症状も出てきます。 また、今まで化粧をしていた人が化粧をしなくなったり、気分転換をしたいと思わない、洋服が好きだったのに洋服がほしいと思わないなどの症状がみられれば、産後うつが重症化してきているかもしれません。このような症状があれば、早めに病院を受診するべきです。

産後うつの主な症状と治療費

出産は女性にとって大きな出来事といえるでしょう。出産することによって、ライフスタイルが大きく変化します。そのため、出産後に産後うつになる方もいるようです。 産後うつとは、どのような症状なのでしょうか。 主な症状として、気分がひどく落ち込む、あまり眠れない、食欲がなくなる、などがあります。その他、不安な気持ちになる、集中力がなくなる、子供に愛情が感じられないなどの気持ちも産後うつの症状の一つだといわれています。 では、産後うつだと感じたときには、どうすればいいのでしょうか。 自己判断ではなく、専門のお医者さんに、きちんと診察してもらうことが大切です。 精神科、心療内科で診てもらうことをおすすめします。 保険が適用されるので、それほど診察料もかからないです。治療費を軽減する医療費制度もあるようで、市町村の窓口で申請できます。

なってしまったときの対処法

産後うつ病は、産後2〜3週間後に発症するといわれています。 期間は数ヶ月から一年ぐらいですが、長い人ですと数年かかる場合もあるようです。 また、育児に熱心な母親ほどかかりやすいという統計もあります。 マニュアルどおりに育児をしようとすると、思ったとおりにいかないことも多くなります。そうなると、母親にかなりのストレスがかかります。 また、祖父母などとの意見の違いで悩む母親も多いようです。 この場合は、祖父母が母親の意見に一歩譲ることも必要です。出産後は母親の体調も不安定になっているので、その期間だけでも暖かく見守って欲しいものです。 産後うつにならないためには、体力的、精神的なまわりのサポートが必要です。 なってしまったときには、躊躇せずに専門家で治療をすることをおすすめします。 早く治療するほど、完治するのも早いでしょう。

様々なことで精神を酷使し出産後に産後うつになる方が急増しています

妊娠し子供をおなかに宿して10か月で出産を迎え、その期間はつわりや病気、食事などに気を付けながら神経を酷使して出産を迎えます。妊娠時には様々なことに気を使い、お腹の子供が無事成長することを祈りながら精一杯母親は子供のこと、自分のことに気を配ります。出産が無事終わり、今度は生まれてきた赤ちゃんのことで頭がいっぱいになり、普段の生活の環境も一転します。赤ちゃん中心の生活が始まり、おむつの交換、授乳など、これまでの生活とは一変してしまいます。それが起因で産後うつになってしまう方も少なくはありません。産後うつの診断は心療内科で行われます。近年では心療内科では初診料、診察料を含めても高い金額ではなく、最初の診察料でも3,4千円前後です。

 症状について

産後うつは一般的なうつ病と比較すると違う場合があるのです。また、産後うつは基本的にどんな部分で変化があるのか症状に注目する必要があります。またどのようなサポートをすると良いのか覚えておきましょう。

 サインに注目

産後うつになってしまうことがありますが症状について詳しく分析することが重要なのです。また、医師や保険師に相談することによって、より万全な対策を取ることができるようになるので、確認してみましょう。

 助けについて

産後うつになってしまったと判断された場合には、どのような方法で解決するのかわかった場合であっても1人で悩んでいることはいけません。なぜ産後うつは1人で解決できないのかを紹介するので、覚えておきましょう。

おすすめリンク