産後うつについて覚えておくべきことはどのようなことか

産後うつの原因

産後うつになりやすい性格

産後うつは原因がはっきりとしていません。ただ、出産時に起こる急激なホルモンの変化が産後うつに関係していると見られています。産後、数週間程度〜数か月の間に起こる可能性が高いとされています。 産後うつは「気分の落ち込み」「強い罪悪感」「何事に対しても無気力・無関心」などの症状が挙げられます。出産を経験した後でこのような症状がみられる場合、産後うつを疑う必要があります。 産後うつは、キャリアを積んでバリバリ仕事をしてきた女性や、何事もきっちりとこなすまじめな性格の女性に起こりやすいとされています。これまではこなせてきたことができなくなることで、自分はだめな人間なんじゃないかと思ってしまったり、できないことへの罪悪感を覚えてしまうのです。そのため、産後うつを防ぐにはご主人の協力が欠かせないものとなります。

夫婦で力を合わせることが大事

産後うつを防ぐためにはご主人の協力が必要になってきます。 まず、赤ちゃん中心の考え方はしないようにしましょう。どうしても赤ちゃん優先になりがちですが、奥さんのことも優先して考えてあげるようにしましょう。次に、家事を積極的に行うことです。家事に参加する程度の考えは捨て、自分が全部やるんだというくらいの気持ちで家事に取り組みましょう。そして、頑張れという言葉はできるだけ避けることです。これは一般的なうつ病と同じで、頑張りすぎて心がオーバーヒートしてしまう恐れがあるためです。普段頑張っていることを大いに認め、大変な時は自分に任せてくれるよう、あらかじめ夫婦で話し合っておくと良いでしょう。 産後うつを防ぐためには、夫婦で協力し合ってものごとに対処していくことが大事です。お互いに思いやりを持って、子育てライフを楽しみましょう。

少しでも症状が出た場合には専門医に診せることが大事です

処方箋が加わると5千円前後になります。夜眠れないなど少しでも産後うつの症状が現れたら心療内科で見て頂くことをお勧めします。赤ちゃんのお世話で心労が続いている場合には家族の方に見て頂くことも大切です。また、心療内科ではこれまで多くの患者様が訪れており、今日でも心の病やうつ病の方など多くの方が訪れています。心の病を専門的な医師が診ながら患者様に見合った薬を処方されます。心療内科は長い歴史があり、処方箋の薬も進化しています。穏やかに効果を実感しながら完治の道へと導くものなど、産後うつ患者様にとっても有効的な薬を開発されています。様子がおかしいと思ったらすぐに専門の病院へ行くことで産後うつの病気も改善できます。