産後うつについて覚えておくべきことはどのようなことか

サインに注目

産後うつのサインを見逃さない

産後うつは出産をした女性の10〜20%に発症すると言われています。 出産直後はホルモンバランスの変化やお産の疲れなどから、気分が沈みがち、落ち着かない、食欲不振、不眠などの産後うつによく似た症状が現れる人がいます。これらの症状が数日から数週間で消える場合はマタニィティブルーズといって、一過性の物なので特に心配する必要はありません。しかし、マタニィティブルーズの状態が長く続くと、産後うつを発症している可能性があるので注意が必要になります。 産後うつは、産後1週間〜2週間以降に発症し、その症状は数ヶ月から長ければ1年程続くと言われています。 産後の気分の沈みや不安感が、マタニィティブルーズなのか産後うつによるものなのか注意が必要です。

一人で抱え込まない育児

「子育てに自信がない」「どうしていいのかわからない」といった不安や孤独が産後うつの発症のきっかけになることがあります。 育児の方法は人それぞれですが、わが子の命を抱える母親のプレッシャーは大変なものです。そんな母親の気持ちに寄り添い、話しを聞く人がいてくれるだけでも安心し、育児に自信を持つことが出来ます。 育児で困ったことがあったら、辛いと感じたなら、一人で抱え込まずに助けを求めましょう。ほんの1時間ゆっくり眠れるだけでも気持ちは随分軽くなるものです。 もし産後、不安感や不眠、頭痛などが続く場合は、1か月検診や乳児健診などを利用して、医師や保健師に相談してください。 症状が長く、重たい場合は産後うつを疑い、無理をせず早めに医療機関を受診しましょう。