産後うつについて覚えておくべきことはどのようなことか

症状について

産後うつの症状とはなにか

妊娠や出産は、女性にとって大きな喜びです。ですが、その一方で大きな問題をかかえるケースも増えてきました。それは、産後うつです。最近では、自殺の原因が、産後うつということも少なくはありません。それほど、産後うつという症状は、安易に考えていけないものなのです。 では、この産後うつとは、どのようにして起こるのでしょか。産後うつの発症には、ホルモンバランスが関係しています。女性は、出産を経験することで、ホルモンバランスに大きな変化がみられます。それにより、自律神経に影響をおよぼし、情緒が不安定になります。 このような状態になると、食欲不振や不眠、理由もなく悲しい気分になったり、からだがだるいなどの症状がみられます。また、赤ちゃんの泣き声にさえイライラを感じてしまうのです。

症状を改善させるためには

産後うつは、産後すぐに起こるものではありません。一般的には、出産してからおよそ4週間ほどたってから不調に気づくという場合が多いです。この産後うつは、マタニティーブルーとも呼ばれています。 産後うつは、ホルモンバランスが大きく影響していますが、慣れない育児によるプレッシャーやストレスも、その症状に拍車をかけています。 産後うつを改善させるには、心療内科などで治療をおこなうことができます。ですが、一番大切なのは、メンタル面でのサポートです。家族の支えを受けることで、マタニティーブルーの症状を緩和させることが可能です。 産後うつは、通常、出産後の3カ月〜1年程度で改善をみこめるものです。ですから、気分をリラックスさせるアロマなどを取り入れてみるのもおすすめです。