産後うつについて覚えておくべきことはどのようなことか

割り切ることで

時代の流れと割り切って

なんだか最近嫁が元気がなくてねと思っているお義母さん、もしかしてそれは産後うつかもしれません。産後うつ、もしかして初めての耳にしました。お義母さんも記憶がありませんか。厳しい旦那のお母さんにお産の後、お産は病気じゃないんだからと言われて産後うつだったかもしれない辛い体に鞭を打って息子さんの世話や家のことをしていたこと。それに比べたらうちの嫁なんかと思うかもしれません。でもお義母さんが辛かった時にお姑さんに優しくしてもらえてたらどんなに良かっただろうとも思いませんか。大変な時に優しくされると人は本当にありがたく感じるものです。お嫁さんに産後のサポートをしてくれるところを紹介してみてはいかがですか。妊娠中や産後のサポートを専門にやってくれるサービスが今はあるのです。嫁の立場ですとお義母様には頼みにくいことがたくさんあります。サポートサービスなら遠慮せずに頼めるかもしれません。

お嫁さんに感謝されお孫さんと楽しむ日々

このようなサポートサービスはお義母様にとってもお嫁さんにとってもプラスのサービスではないでしょうか。例えば、お義母さまが手伝う代わりに費用を負担してあげる。そうするとお嫁さんはとても感謝します。お嫁さんも産後うつにならずに赤ちゃんの世話や家のことを無理のない程度にすることができる。そうすれば息子さんも安心して仕事に集中することができる。息子さんもお嫁さん同様、お母様にいっそう感謝する。このように良い循環ができてくる可能性が限りなく上がります。お母様に多少不満は残るかもしれませんが、時代の流れと割り切り、息子さん夫婦とうまく付き合いながら可愛いお孫さんと接する機会を増やすチャンスと考えてみてはいかがでしょう。